段取りを上手に組んで時短を目指す!

働いて、帰ってきてから家事をして、、、

どう考えても時間が足りないっっ!!!

育児休暇から復帰する直前に、一日のシュミレーションをしてみたところ、とてもじゃないけど家事をこなす自信がありませんでした。

まずはじめに考えたのは、「食洗機」の導入。

そして、ワイシャツはクリーニング店にお任せすることにしました。

こうすることで、少しはラクになったけれど、まだまだ改善が必要でした。

段取りを組む。時短を目指す!

効率よく家事をするにはどうすればよいか?

まず取り掛かったのは、すべての家事を洗いだすこと。

紙にすべて書き出しました。

そして、段取りを決める。

段取りを決めるのは大の苦手なのですが、紙に書いてみることで頭の中が整理できます。

そして、「朝やること」「夜やること」の2つのステップで心地よい環境が整うように考えました。

  1. 朝 シャッターを開ける。空気れの入れ替え。食洗機の食器をしまう。自分の身支度。観葉植物の水やり。(夫、こども起床)朝食準備→食事→片づけ。こどもの身支度。お弁当の準備。洗濯物をたたむ。キッチンの片づけ→食洗器をまわす。息子の身支度。ダイニングテーブルの下を掃除機かける。ざっと部屋の片づけ。保育園送り。
  2.  保育園迎え。洗濯機をまわす。玄関ざっと掃く。保育園の支度。夕食準備→食事→片付け。食洗機スイッチオン。お風呂掃除。洗濯物を干す。お風呂。ざっと部屋の片づけ。息子の寝かしつけ。(青は息子、緑は夫担当)

平日はどうしても時間がないので、最低限にとどめています。

これで、なんとなーーーく部屋は大丈夫な状態に持っていくことができます。

大丈夫な状態とは、とりあえず広い面積を占める箇所に何にも置いてないってこと。

床とかダイニングテーブルとか…めちゃくちゃおおざっぱで低レベルなところをゴールに設定しています。(笑)

家事が終わらない時の救世主

家事には終わりがないので、ダラダラと作業をしてしまいがちです。

そして夢中になりすぎて知らぬ間に時間が経ち、

「やりすぎた!疲れすぎたーー!!もう何もやる気がしないーーー!!!」

という悪循環に度々陥ります。(私基準)

そんな状態を回避する救世主があります。

(これは息子に試していた方法なのですが)タイマーを使うととても効率がよいのです。

「床に落ちているものを元の場所に戻す」という家事を、タイマー3分セットしてやると、時間があまるんですよー。

すげー。

クローゼットの整理整頓や断捨離も15分程度タイマーをセットしてやるようにしています。

余談ですが、、、

息子にどうやって使っていたかというと、なかなか着替えてくれないのでタイマー3分セットしてみたところ、あっという間に着替えてしまったんです。

それはそれは、魔法みたいに素早く着替えることができました。

心理的な作用があるんですねー、めちゃくちゃ焦って着替えてましたから。

しかし、最近では

「タイマーやらないで!!!(怒)」

って、見るのもイヤになってしまった様子。

使用頻度に注意が必要です~。

スポンサーリンク







フォローする