文房具の断捨離と整理整頓のやり方。1軍2軍にわけてみました。

こんばんは。

ヤマオカです。

「文房具はお気に入りのみ!」というのは理想だけれど、そうもいかないんですよね。

筆ペンや両面テープや木工用ボンド等、いざと言う時に必要なので保管しておきたいところ。

お気に入りのみにしたい欲求はあれど、それが出来ない現実が。

この辺の駆け引きのようなぬかるみに足を取られ、いつまでたっても引き出しがスッキリとしない!

どうしたもんか・・・と悩んでいました。

先日「1週間に8割捨てる技術」を読んで、文房具を少し捨ててスッキリ!

【1週間で8割捨てる技術】を読んで、気分よくモノが捨てられました!(途中経過)
最近心の中がモヤモヤしていて、整理整頓片付けをおろそかにしていました。 散らかっていると、落ちているおもちゃなどにこどもの興味が向いて...

・・・と思っていたはずなのに、またどこからともなく文房具が集まってきて、引き出しは飽和状態。

そこで、文房具を「いつも使う1軍選手」と「たまに使う2軍選手」に分けたらどうか?と閃いた。

今までは、ひとつの引き出しにグチャッと入っていたので探すのが大変!

けど、わけることによって見た目も探しやすさも解消されました!

現状では、これ以上断捨離できない域に達している文房具。

1軍選手をお気に入りの文房具にする!という目標が出来ました。

今まで何となく購入して、使い切らないうちに次々に買っていたことを反省です。

文房具の断捨離のやり方。

収納に関するものは、すべて同じようなやり方です。

  1. 引き出しからすべてのモノを一度出します。
  2. 引き出しと収納道具をキレイに拭きます。
  3. 文房具、収納道具の選別。必要・不要にわけます。
  4. 必要の中からダブっているものを選別。
  5. 残った文房具を1軍(よく使う)2軍(あまり使わない)にわけます。

これでおしまい。

1軍です。

計算機が場所を取っているので、2軍の引き出しに入れてもいいかもなぁー。

写真を撮ると客観的に見えるから不思議。

今一つという感じの1軍のひきだしですけども、追々おしゃれにしていきたいなぁーと。

中学生の頃から使っているミッフィーのハサミとか、なかなか捨てられないけどね。

1軍を追い出された子たち。

メジャーと木工用ボンドは工具箱へ。

朱肉はハンコの引き出しへ。

穴あけパンチと両面テープは2軍引き出しへ移動です。

適材適所もあいまいになってるなぁーと実感しました。

部分ごとの整理整頓をこれからも続けていきたいと思います。

そして!

洋服と同じく、文房具も欲しいものがあったらじっくり考えようと決意しました。

ゆっくりだけど、着実に【引き出しの中もおしゃれ】を目指してがんばります!

以上、文房具の断 捨離と整理整頓のやり方。1軍2軍にわけてみました。 でした。

スポンサーリンク







フォローする