祝!卒園!!ムスコより親の方が緊張したっていう件

こんばんは。

ヤマオカです。

先日、卒園式を無事に終えることが出来ました。

保育園での生活の集大成が卒園式にぎゅっと圧縮されていて、とても思い出に残る式でした。

卒園証書授与式の入場では、一人ずつ名前を呼ばれ席につくのですが、大きな声で返事が出来てとても凛々しく誇らしかったのですが、、、右足と右手が同時に出ている!!!というかわいいハプニングも。

実は朝起きた時から、なぜか私がめちゃくちゃ緊張していたのです。

その緊張がうつったのかな?悪いことしたなぁーと思っていたのですが、後から本人に聞いたら、

「ぜんぜん緊張したないよー、授与式ではスススッて歩かなきゃいけないんだよ」

とのこと。

先生の教えの通り、スススと手を振って歩いた結果、右手右足同時に出ちゃったようです。

めちゃ天然だった(笑)

授与式の後は卒園式第二部として、保育所で教わったことを披露する場でした。

荒馬・こままわし・ちょうちょ・かげふみ・戸板登り・竹踊り・うた等々。

最初から最後までふざける子も私語をする子も一人も居なくて、みんな真剣!

たくさん練習したんだろうなぁ~

みんなしっかりしたなぁ~

成長した姿は胸がギュッとなりました。

こままわしの途中、お友達の頭がおでこにぶつかったらしく泣いてしまったムスコ。

遠くに居ても、目から大粒の涙があふれてくるのがわかります。

こままわしのラストは、みんなで一緒にこまをまわすようで、ムスコ待ちの状態でした。

泣きながらも、こまの紐をぐるぐる巻きつけて「諦めない」姿を見せてくれました。

ちょこっと時間がかかったけれど、立ち上がってみんなの待っているところまで歩き出し、こままわしも大成功!!

保育園では数えきれないほどたくさんの思い出ができた。

おむつがすんなり外れたのも、お箸が上手に持てるようになったのも、逆上がりが出来るようになったのも、ひらがなの読み書きが自然に出来るようになったのも、すべて保育所に通っていたから。

先生の教え方も丁寧だったし、こどもたちが刺激し合って覚えたり。

私はちょこっとお手伝いした程度で、そのほとんどが先生とお友達の影響でした。

雨の日も風の日も自転車で通った保育園も終わってしまいました。

本当に本当にお世話になりました!(と言いつつ、実感はほとんどない・・・)

そして新しいステージでも楽しみたいです♪

全力でサポートがんばります!!